読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伯爵様のところに嫁ぎたい

アラサーおたくOLの記録と愚痴

おたくが若手俳優のイベントに行った話

書き溜めていたのですが、なかなかあげる気にならなかったので書き直しました。


3月の3連休のうち2日は東京でした。仲田博喜さんのファン感謝イベントにご縁があって行って来ました。なんと1日だけの予定がいろいろあって2日間参加。最終的には午前中の一推しが吹き替えで出演する映画の舞台挨拶で一緒だった友人を呼び、一緒に参加してもらいました。ありがとうマイフレンドKちゃん!!


トークあり、殺陣ありで若手俳優のイベント初参加のわたしとっても楽しみました。とりあえずかっこいい(笑)写真の人が動いてる!!!みたいな、素人コメントが出ました。

ツーショット撮影もしましたが、神対応で口からなんか出そうでした。Kちゃんのお膳立てのおかげでなんとお名前を呼んでくださるというハッピーイベントが発生。こりゃあ落ちますわ…これはもう素直に落ちる。逆らえない。

終わってからなぜか写真撮影買い足してました。追いツーショット。お金ないから無理だよ〜!!!って言ったら、Kちゃんが晩ごはんおごるから写真撮って来な!!って言ってくれました。神か。晩ごはんは恵比寿のパスタ屋さんに数年ぶりに行ったのですが、全部出してもらうのも忍びなかったので、ちょっと出しました(笑)


2日目はプレゼント仕込んでたら遅刻しかけました。すげえ変なとこにあるんだもん(笑)ベルサール〇〇って建物多すぎじゃない???この日はトーク、ストレートプレイ、殺陣でした。殺陣やってるときのオーラすごいので、2日とも見られてよかったな〜!!

ツーショット写真撮影は各回、その日の限定ポーズが設定されているのですが、この日はなんと腕組みでした。しかもその場で「この回はどうしますか?」「うーん…腕組みで!」みたいな、スッと決まる感じ。1枚しか撮らない予定でしたがこの日も追いツーショットしました。ちょろい。

なんとわたし、この2日目のときにお隣の方とお友達になって帰ってきました。帰りもご一緒させていただいたのですが、すごくお優しい方で、どんどんお話してくれるのでとっても楽しかったです。ここしばらくコミュ障こじらせていたので、かなり成長です。


行く前はだいぶビビってましたが、行ったらめっちゃ楽しかったです。百聞は一見にしかず。次回あったら行きます。ちょろいおたくだなあと思いますが、人生楽しければおっけー!

キミが声をつけてくれてありがとう

この日曜日、二推しは東京国際フォーラムでライブでした。初めてのグループ単独ライブ。現地で見たい気もありましたが、日曜日な事とチケット合戦に勝てず敗退。ライブビューイングでその姿をしっかり見させていただきました。

思えば二推しがこの作品に先輩として出ると決まった時、正直素直に受け止められませんでした。時期はしっかりとは覚えていませんが一推しも同じ作品に出て人気急上昇中でしたし、何より後発キャラという事で嫌われたりしないだろうか…という気持ちがあり、喜べなかったということはよく覚えています。いらない心配でしたが。

この作品に関してはわたしはいわゆる「にわか」の部類かなあと自分のことを分析していますのであらかじめご了承ください(今更の注意書き)

 これまでの出演したライブに関してはシネマライブで鑑賞しています。初めてキャラとしてステージに立った時から今日のこの日まで、いろんな思いがあったんだなあと感じました。彼は声優以外のことはしていないけれど、他の3人はそうではなくアーティストとしても活動しているので、そこで自分が浮いたりしないかと思っていたそうです。だけどないなりに自分の引き出しを広げて、所作からキャラクターを感じてもらうことができることだと考えて、今日ここに立っていました。キャラではなく、彼個人として楽しむ余裕がでてきたという言葉がとても嬉しく、もっともっと彼から目を離さず見ていなければいけないと思いました。

こんなにキャラクターのことを研究して、キャラクターとして前に出てきてくれる人はもしかしたら彼くらいしかいないのではないかと錯覚するくらい、強い想いがスクリーンの向こうから伝わってきました。本当は誰より努力家で、オープニングムービーをやパンフの写真を撮っているときの空き時間もダンスの練習をしていましたし、(このことはライブ本編のメイキングムービーで流れていました)過去のライブのリングライトを全てつけていましたし、他キャスト曰くキャラの香水までつけていたそうです。わたしたちにシルクパレスの伯爵でありシャイニング事務所のアイドルである姿を見せてくれた彼はほんとうに、尊敬に値すると思っています。

きっと努力していたことを表に出すつもりはないだろうし、わたしも最後のMCであんな感じのトークにならなければきっともっと軽く考えていたと思います。それこそかっこよかったなー程度の。彼がこのキャラクターに声を当ててきた年月の重みだけわかったつもりになって、その裏にある想いに気づかないまま3月12日を終えてしまうところでした。

久々にお手紙を書こうと思いました。近々に参加予定のイベントはありませんが、どうしても、読むかわからないし読まないかもだけど、やっぱりこの気持ちを閉じ込めておくのは自分のなかでなんとなく嫌だったので、事務所宛にちゃんとお手紙を送ります。ちゃんと「前野さんがカミュの声帯でほんとうによかった」と書き忘れないようにしなければとここに記録しておきます。

おたくが若手俳優のイベントに行く話(準備編)

若手俳優のイベントに行くことになりました。
いや、年明けには決まっていましたが。

年末に舞台を見にいきました。プリンスオブストライド。原作では1推しが声を当てているので、内容は知っていました。何故か軽率に2ステした結果、すっかりギャラスタちゃんの虜になりました。さすがはアイドル。
ギャラスタちゃん=GALAXY STANDARD。ライバル校西星学園のストライドチームがやっているアイドルグループ。
そんなギャラスタちゃんのなかのひとり、仲 田博 喜さんのファンイベントが開催されるらしく、友人に煽られたわたしはあれよあれよという間にチケットを手配し、東京行きを決めていました。春休みの3連休なんてバスが高い!!!!

まず、イベントのウェブページを見ていたら、「プレゼント手渡し可」の文字。はーーーこれはプレゼントなしだと気まずいやつだ。そっこー若手俳優界隈に出入りしている友人に連絡。入浴剤はやめておけということと、ブログやTwitterで過去に「○○たくさんある」アピールがないか確認せよと指令を受け、遡ったもののまったくそういったアピールがない。むしろ大切に使わせていただきます系。クウッ難しい。とりあえずめぐリズムでええやろということに落ち着きました。
続きましてお手紙。2日行くとなると手紙も2日分書かなければというポリシーのもと、1日目は事前に仕込み、2日目は1日目の感想を書くという方向に決めました。

準備編はここまでです。山なしオチなし。ガチで準備をしているだけでした。

ファンクラブイベントとは

はあ〜〜東京に移住したい。毎日もやしでもいいから。でも遠征のワクワク感もすてられない。1週間まだ真ん中…


一推し(以下推し)のファンクラブイベントについて界隈がざわついています。内容がトンデモすぎて、あいた口がふさがりません。運営目を覚まして!

推しに対して彼女目線って…誰得なんでしょうか。前の記事でも書いた通り、推しは既婚子持ちです。今のファンはあの重たい動画を乗り越えた人か、好きになった時にはもう結婚したあとだった人たちです。そもそも家庭を持っている人に対しての彼女目線って、もはや不倫では???とまで思ってしまうくらいです。正気かな?????


ファンクラブイベントというのは推しのものしか行ったことがありませんが、どこもこんな感じなんでしょうか???いや違うでしょう…なんならこんなふざけた企画はやめて、ファンからのリクエスト曲(キャラソンやカバー含む)をランキング形式で歌ってくれた方が5423984528965倍良いです。


ファンクラブイベントである時点で、ファンクラブに入っている人向けという特別感があるわけですから、そこからさらに特定の誰かに特別な何かがあるというのはその1人(+推し本人)以外はまっっったく楽しくも嬉しくもないのではないでしょうか。

わたしたちはチケット代というお金を払ってきているわけです。まあ、嫌なら行くなという意見がごもっともだと思いますが、企画に対して疑問に思っている方はいると思うんですよね。運営は推しをどういう売り方していきたいんでしょうか。ファンクラブイベントはファンえこひいきイベントじゃないぞ!!

こんな文句ばっかでもファンクラブイベント行きますが、不完全燃焼になるのがわかっていて行くなんてとんだドM。いい意味で裏切ってくれることを期待します。だめだったら即公式凸か???(過激派)なんだかんだ推しだから行っちゃうんだね。これもおたくの性。


推しに熱愛が発覚したら

こんにちは。いかがお過ごしですか。

わたしは社畜です。

 

某声優の熱愛発覚でちょっと世の中が騒がしかったですね。そんなときふと推しに熱愛が発覚したらとか考えるんですけども。

ちなみに一推しは既婚子持ちです。かれこれ8年前かそれくらいに電撃結婚しました。その時に子どもが生まれることも発表されました。当時10代だったわたし、なかなかにショックだった記憶があります。あのときの本人のコメント動画みたおたくの方って、いまどれくらい現場来てるんだろうか…(遠い目)最近たまにYa◯oo!知恵袋とかで「◯◯さんって結婚してるんですか?」みたいな質問でてきたりしちゃってね。

二推しは結婚していません。きっと素敵な彼女がいらっしゃるんだろうなあと思っています。二推しはすごくこだわりの強い、細かい性格だろうなあと勝手に思っているので夢はもうみていません。ぶっちゃけると数年前までは夢見がちでしたが、二推しは二推し。一年に一回程度、◯トメイトパーティーで拝んではモチベを維持していました。

そんな二推しに熱愛が発覚したら、いまならきっと顔で笑って心で泣くと思います。(いきなり結論)そりゃあおめでたいですもん。彼を支えてくれるすてきな方に巡り会えたんだなと。だから祝福します。もちろんわたしは同じ土俵にはたてません。まず出会えません。ファンというカテゴリにいる以上は一生そうだと思います。だから頭の中ではわかってるんですよね、ワンチャンはないと。だけどたぶん心のどっかでわたし、二推しとつきあいたかったって思っています。こじらせるのも大概にしておけ。夢見ていませんとは何だったのか。だから心で泣くっていう結論です。 

推しの熱愛とか結婚って、避けては通れないものだと思っていますが、反面、知りたくないという気持ちもあります。どうせなら熱愛ではバレないでほしい。急に結婚してほしい。夢みさせてほしいというのが本音です。三推しは先日結婚しましたが、結婚までほぼ何事もなく、スッと結婚していったと思っているので非常にスッキリしました。お手本のようですね。


来世で推しと巡り会えるように現世で徳つんでおこう…………………………

伯爵様ってだれだよって?

ひとさまのブログを見ては、おもしろいな〜文才あるっていいなあ〜と思っていましたが、とりあえずわたしも書くことにしました。


伯爵さまのところに嫁ぎたいのは、

言わずと知れたキスよりすごい音楽ってあるんだよADVに出ておられるシャイニング事務所所属のカミュさんよりいただいております。


一推しのM野さんの曲のタイトルとかもね、アリかなって思ったんですが、彼、もう、人気すぎてわたしの中でそんな人の曲のタイトルなんてつかえませんでした。

(※さいきんその辺の年齢層さがってきて、痛みを感じてるのも含む)


伯爵さまについては年に数回スッと燃え上がって落ち着くという感じでコンスタントに推し続けています。


二次じゃなくて!現場のことが!

かきたいんだよ!わたしは!笑


来月はとんでもない現場に出向きます。

しかも1人で。

勢いって恐ろしい……